ペインクリニック整形外科 東京・神田/恵比寿

HOME 対象疾患 対象疾患と治療内容

対象疾患と治療内容

腰や下半身が痛い

腰や下半身が痛い(腰下肢痛)

ぎっくり腰(急性腰痛症)

原因

急に腰に痛みが発生した腰痛全般を言います。筋筋膜性、腰椎椎間板ヘルニア、椎間関節性、仙腸関節症、圧迫骨折、坐骨神経痛などにより起こります。

治療方法

湿布、鎮静薬、神経ブロック注射筋膜リリース注射などがあります。

腰椎椎間板ヘルニア

原因

腰の脊椎(背骨)の間にある椎間板というクッションが加齢による変化や、重いものを持ったり、外傷を受けたりして椎間板の中の成分(髄核)が飛び出して神経を圧迫する事で起こります。

治療方法

内服療法、神経ブロック療法(硬膜外ブロック、神経根ブロック、椎間板ブロック、高周波パルス療法RACZカテーテルなど)、理学・運動療法などの保存的治療が中心になります。保存的治療でも効果がない場合や運動障害が生じている場合は外科的手術を考慮します。

腰部脊柱管狭窄症

原因

腰椎が加齢に伴って変形し、骨や靭帯や椎間板が腰椎の脊柱管(神経の通り道)の中を通る神経を圧迫することにより生じます。

治療方法

内服療法、神経ブロック療法(硬膜外ブロック、神経根ブロック、椎間関節ブロック、腰部交感神経節ブロック、RACZカテーテルなど)、運動療法などの保存的治療が中心になります。保存的治療でも効果がない場合は外科的手術(椎弓切除術、椎体固定術など)を考慮します。

変形性腰椎症・側弯症

原因

加齢性の変化で脊椎が変形したり、腰背部の筋肉が弱くなったり、骨粗鬆症、圧迫骨折などで身体の正しい姿勢を保持できなくなり変形は生じます。側弯症は原因不明の特発性や先天性によるものや、他の病気に引き続いて起きることがあります。

治療方法

内服療法、神経ブロック療法(硬膜外ブロック、神経根ブロックなど)、筋膜リリース注射、装具治療などの保存的治療が中心になります。保存的治療でも効果がない場合は外科的手術(椎体固定術)を考慮します。

腰椎すべり症

原因

腰椎が前後にずれることによって脊柱管が狭くなり、馬尾神経や神経根が圧迫されて痛みやしびれが生じます。

治療方法

内服療法、神経ブロック療法(硬膜外ブロック、神経根ブロック、椎間関節ブロック、高周波パルス療法など)、腹筋や背筋を鍛える運動療法などの保存的治療が中心になります。保存的治療でも効果がない場合は外科的手術(椎体固定術)を考慮します。

椎体圧迫骨折

原因

骨粗鬆症や転倒、重い荷物を持ち上げた外力などで椎体が潰れて生じます。悪性腫瘍によるものもあるので注意が必要です。

治療方法

安静、内服療法、骨粗鬆症薬、装具療法、神経ブロック療法(硬膜外ブロック、椎間関節ブロック、高周波熱凝固法)、外科的手術(経皮的椎体形成術、椎体固定術など)

脊椎術後症候群

原因

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などに対して手術をし、手術後に腰痛、下肢痛、しびれなどが残存または再発したものです。症状形成には様々な心理社会的なストレスの関与も示唆されています。

治療方法

内服療法、神経ブロック療法(硬膜外ブロック、神経根ブロック、椎間関節ブロック、腰神経叢ブロック、腰部交感神経節ブロック、高周波パルス療法RACZカテーテル)、脊髄刺激電極、運動療法、心理療法などの保存的治療が中心になります。

首や肩が痛い

首や肩が痛い(首、肩、肩甲骨、上肢の痛み)

頚椎症性神経根症

原因

加齢性の頸椎の変形によって頸椎から肩や腕にいく神経の出口が圧迫されて刺激されることで肩や腕、指先の痛みやしびれが生じます。

治療方法

内服療法、神経ブロック療法(神経根ブロック、星状神経節ブロック、腕神経叢ブロックなど)、運動療法などの保存的治療が中心となります。保存的治療でも効果がない場合は外科的手術を考慮します。

頚椎椎間板ヘルニア

原因

頸椎の間にある椎間板というクッションが加齢による変化や、重いものを持ったり、外傷を受けたりして椎間板の中の成分(髄核)が飛び出して神経を圧迫する事で起こります。

治療方法

内服療法、神経ブロック療法(硬膜外ブロック、神経根ブロック、高周波パルス療法RACZカテーテル療法など)、運動療法などの保存的治療が中心になります。保存的治療でも効果がない場合や運動障害などが生じている場合は外科的手術を考慮します。

頚部脊柱管狭窄症

原因

頚椎が加齢に伴って変形し、骨や靭帯や椎間板が腰椎の脊柱管(神経の通り道)の中を通る神経を圧迫することにより生じます。

治療方法

内服療法、神経ブロック療法(硬膜外ブロック、神経根ブロック、椎間関節ブロックなど)、運動療法などの保存的治療が中心になります。保存的治療でも効果がない場合は外科的手術(椎弓切除術、椎体固定術など)を考慮します。

頚肩腕症候群

原因

腕や手の長時間の同じ姿勢、仕事の継続により首、肩、背中、腕にかけて痛みやしびれを生じたものです。首こり、肩こりです。

治療方法

生活指導、内服療法、神経ブロック療法(星状神経節ブロック、椎間関節ブロック、トリガーポイントブロック、肩甲背神経ブロックなど)、筋膜リリース注射ボトックス注射、運動療法などの保存的治療が中心になります。

肩関節周囲炎(五十肩)

原因

肩の関節の骨、軟骨、靭帯や腱などが加齢性変化に伴い、肩関節周囲の組織に炎症が起きることによって肩の運動痛、運動制限、夜間痛などが生じたものです。

治療方法

安静、内服療法、神経ブロック療法(肩甲上神経ブロック、肩峰下滑液包・肩関節ブロック、腕神経叢ブロック、星状神経節ブロックなど)、運動療法、非観血的関節授動術(サイレントマニュピレーション)などの保存的治療が中心になります。

電気が走るような痛み

電気が走るような痛み(神経障害性疼痛)

帯状疱疹後神経痛

原因

幼少期に水ぼうそうになった時に感染した水痘・帯状疱疹ウイルスが体内に潜伏していて、加齢やストレス、過労、ステロイドや抗がん剤などで免疫機能が低下した時に神経に再起感染して起こります。

治療方法

内服療法、局所麻酔薬軟膏塗布、カプサイシン軟膏塗布、神経ブロック療法(硬膜外ブロック、神経根ブロック、星状神経節ブロック、高周波パルス療法)などの保存的治療が中心となります。

末梢神経障害性疼痛(糖尿病性、アルコール性、薬剤性)

原因

糖尿病やアルコール依存、抗がん剤などの薬剤、外傷によって神経が障害されることによって生じます。

治療方法

原因疾患の治療、内服療法、運動療法などの保存的治療が中心となります。

頚部・腰部脊柱管狭窄症

原因

上記参照(頚部脊柱管狭窄症腰部脊柱管狭窄症

治療方法

上記参照

頚椎・腰椎椎間板ヘルニア

原因

上記参照(頚椎椎間板ヘルニア腰椎椎間板ヘルニア

治療方法

上記参照

術後遷延痛(開胸術、乳癌、鼡径ヘルニアなど)

原因

手術操作に伴う末梢神経の損傷や炎症の持続やそれに伴う脊髄などの中枢性感作(痛みが増幅して伝わるよう変化すること)の関与が示唆されています。

治療方法

内服療法、神経ブロック療法(硬膜外ブロック、神経根ブロック、高周波パルス療法)、脊髄刺激電極、運動療法、心理療法などの保存的治療が中心となります。

複合性局所疼痛症候群

原因

外傷後や神経損傷後に予想される以上の症状や経過を辿る神経症状です。原因は解明されていませんが、末梢性および中枢性感作(痛みが増幅して伝わるよう変化すること)、自律神経の交感神経の関与やそれらに対する異常反応が示唆されています。

治療方法

内服療法、神経ブロック療法(硬膜外ブロック、神経根ブロック、高周波パルス、星状神経節ブロック、胸部・腰部交感神経節ブロック)、脊髄刺激電極、運動療法、心理療法などの保存的治療が中心となります。

手足・関節が痛い

手足・関節が痛い

ゴルフ肘・テニス肘

原因

手首や肘の使いすぎが主な原因でゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)は肘と前腕をつないでいる筋肉の腱に炎症が起こり肘の内側の骨の周囲が痛い状態、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は肘の外側の骨の周囲が痛い状態です。

治療方法

安静、内服療法、関節内注射、腱鞘内ステロイド注射、PDF-FD、理学運動療法などの保存的治療が中心になります。保存的治療でも効果がない場合は外科的手術を考慮します。

肩関節周囲炎(五十肩)

原因

肩の関節の骨、軟骨、靭帯や腱などが加齢性変化に伴い、肩関節周囲の組織に炎症が起きることによって肩の運動痛、運動制限、夜間痛などが生じたものです。

治療方法

安静、内服療法、神経ブロック療法(肩甲上神経ブロック、肩峰下滑液包・肩関節ブロック、腕神経叢ブロック、星状神経節ブロックなど)、運動療法、非観血的関節授動術(サイレントマニュピレーション)などの保存的治療が中心になります。

CM関節症

原因

母指の手前の甲の骨(第1中手骨)と手首の小さい骨(大菱形骨)の間の関節(第1手根中手骨関節:CM関節)が使い過ぎや老化に伴って、関節軟骨の摩耗が生じたものです。

治療方法

内服療法、湿布、装具包帯、関節内注射PDF-FDなどの保存的治療が中心になります。

変形性股関節症

原因

発育時の股関節の形成不全や加齢性変化によって立ち上がりや歩行時に股関節に痛みを生じたものです。

治療方法

内服療法、神経ブロック療法関節内注射PDF-FDなどの保存的治療が中心となります。保存的治療でも効果がない場合は外科的手術(人工股関節手術など)を考慮します。

変形性膝関節症

原因

軟骨の加齢性変化や肥満、遺伝的素因も関係しています。また骨折や靱帯、半月板損傷などの外傷や感染の後遺症でも発症します。

治療方法

内服療法、神経ブロック療法関節内注射、腱鞘内ステロイド注射、PDF-FD、理学運動療法などの保存的治療が中心となります。保存的治療でも効果がない場合は外科的手術(人工膝関節手術など)を考慮します。

半月板損傷

原因

運動などで体重が加わった状態で膝を強く捻ったり、キック動作で膝を急に伸ばす運動や反復で発症します。

治療方法

内服薬、湿布、関節内注射、腱鞘内ステロイド注射、PDF-FD理学・運動療法などの保存的治療が中心となります。保存的治療でも効果がない場合は外科的手術(関節鏡手術など)を考慮します。

鵞足炎

原因

ランニングやジャンプ動作など膝の屈伸による摩擦が繰り返されて、鵞足(膝の内側)の腱付着部、あるいは鵞足滑液包が炎症を起こし痛みが生じることです。

治療方法

トレーニングの方法の見直し、内服薬、湿布、関節内注射、腱鞘内ステロイド注射、PDF-FD理学・運動療法などの保存的治療が中心となります。

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)

原因

ランニングやジャンプ動作など膝の屈伸による摩擦が繰り返されて、膝蓋骨(膝のお皿)周辺、特に膝蓋骨の下部に微細損傷を引き起こし痛みが生じることです。

治療方法

トレーニングの方法の見直し、内服薬、湿布、関節内注射、腱鞘内ステロイド注射、PDF-FD理学・運動療法などの保存的治療が中心となります。

足底腱膜炎(足底筋膜炎)

原因

ランニングやジャンプ動作などが繰り返されたり、立ち仕事が多かったりして足の土踏まずのアーチを支えている足底腱膜(足の指から踵にかけての靭帯)が炎症を起こし痛みが生じることです。

治療方法

トレーニングの方法の見直し、内服薬、湿布、腱鞘内ステロイド注射、PDF-FD理学・運動療法などの保存的治療が中心となります。

捻挫

原因

スポーツや転倒などによって足首や指などをひねり、関節の靭帯や腱などの部分が伸びたり傷つくことで起こります。

治療方法

冷却、安静、内服薬、湿布、関節内注射、腱鞘内ステロイド注射、PDF-FD理学・運動療法などの保存的治療が中心となります。保存的治療でも効果がない場合は外科的手術(関節鏡手術など)を考慮します。

頭が痛い

頭が痛い

頭痛(片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛)

原因

片頭痛(脳の視床下部での何らかの変化が三叉神経を炎症させたり、血管が拡張して三叉神経が刺激による)、緊張型頭痛(長時間の同じ姿勢や運動不足などストレスなどの生活習慣による)、群発頭痛(脳の視床下部での何らかの変化が三叉神経を刺激する事による)などの1次制頭痛があります。脳卒中や脳腫瘍、薬の飲み過ぎなどの2次性頭痛などもあるので注意が必要です。

治療方法

内服薬、抗CGRP抗体薬、神経ブロック注射、筋膜リリース注射理学・運動療法などの保存的治療が中心となります。2次性頭痛の場合は外科的手術を考慮します。

顔や歯が痛い

顔や歯が痛い

三叉神経痛・口腔顔面痛・非定型顔面痛

原因

典型的な三叉神経痛は顔面の感覚を支配している三叉神経が血管と接触していることによる激しい発作性の片側顔面痛です。その他の口腔顔面痛の原因としてはう歯(虫歯)、抜歯後、顎関節症、帯状疱疹、副鼻腔炎、原因不明の非定型顔面痛などがあります。

治療方法

内服療法、神経ブロック療法(眼窩上神経ブロック、眼窩下神経ブロック、オトガイ神経ブロック、ガッセル神経節ブロック、星状神経節ブロック)や、心理療法、放射線療法(ガンマナイフ)、外科的手術(微小血管減圧術)などがあります。

帯状疱疹が痛い

帯状疱疹が痛い

帯状疱疹痛、帯状疱疹後神経痛

原因

幼少期に水ぼうそうになった時に感染した水痘・帯状疱疹ウイルスが体内に潜伏していて、加齢やストレス、過労、ステロイドや抗がん剤などで免疫機能が低下した時に神経に再起感染して起こります。

治療方法

内服療法、神経ブロック療法(硬膜外ブロック、神経根ブロック、星状神経節ブロック、高周波パルス療法)などの保存的治療が中心となります。

手術した場所が痛い

手術した場所が痛い

術後遷延痛(開胸術、乳がん、鼡径ヘルニア、断端痛、幻肢痛)

原因

手術操作に伴う末梢神経の損傷や炎症の持続やそれに伴う脊髄などの中枢性感作(痛みが増幅して伝わるよう変化すること)の関与が示唆されています。

治療方法

内服療法、神経ブロック療法(硬膜外ブロック、神経根ブロック、高周波パルス療法)、脊髄刺激電極、運動療法、心理療法などの保存的治療が中心となります。